漫画感想/龍と苺 1巻(柳本光晴)☆





『響』の柳本先生が描く新しい本格将棋漫画『龍と苺』1巻です。

3ページ目で椅子バーン出たの笑った。これ意識してやってるよね?柳本先生も編集も確信犯でやってると思うから言っていいと思うんだけど、これは『響』~将棋編~です。超天才がすべてをなぎ倒して勝っていく。『響』は題材が小説で賞以外では勝ち負けって発生しにくかったけど、これは将棋。毎回明確に勝ち負けが発生するわけですが、それがもう毎回勝っていく。さすがに今回は負けるでしょっていうところでも勝っていく。それがたまらなく楽しい。めちゃくちゃで楽しい。1巻約180ページに、これだけのスピード感で、勝負を詰めこまれています。元奨励会とか、今後もライバルになるだろう同い年の女の子とか、プロ8段と連戦に次ぐ連戦。「漫画ならここで負けるでしょ?」って思うところで負けない。それでも成立させてしまうのは力業だけじゃなく構成力があるからなんでしょう。1巻あの終わり方だと、2巻冒頭でもう殴り込みに行ってそうなのがさらに楽しみ。

将棋は勉強が大事。定跡を覚えないと勝てない。10年1000局打って一人前、、からの「定跡を覚えるのに普通は千局も10年もかかる!この30分で10年分強くなれ!」とかめちゃくちゃすぎて吹き出してしまった。フリオチがしっかり成立してるけどツッコミがいない世界なので、シュールな笑いが成立しちゃってるのよ。

ニコニコ漫画 - 雑誌やWEBの人気マンガが読める

ニコニコ漫画 – 雑誌やWEBの人気マンガが読める
開発元:DWANGO Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ
チラシ裏のコーナー
巻末の初期プロット全然違くて笑った。引っ込み思案で家族以外と指したことないけど強いメガネっ子だ。検討した結果、これが今の苺になるんだから、やっぱこういう女の子描くのうまいのか好きなのか。おまけとは言え、何も説明なしにこれを掲載するの完全にボケだよな。『進撃の巨人』の次回予告みたいなもの。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です