漫画感想/あやかしトライアングル 2巻(矢吹健太朗)★





ラブコメ×エロコメの神 矢吹先生が描く『あやかしトライアングル』2巻が発売されました。第8話「おもかげ」から第16話「初めてのひと」と番外編を収録しています。表紙の構図、祭里のアングルが神。

 ●関連記事

 

矢吹先生の素晴らしい画力が本領発揮されているのは第10話。身を挺して他の女子の着替えを守ろうとするすず。他のキャラに比べれば控えめな身体ですが、下着のディティールがすばらしい。神は細部に宿るとは、このことだったのか。祭里のふんどしバックショットや、スマホをかまえたルーなど、眼福の連続。みんなで露店風呂に入る展開では、乳首券大量発行されています。とりついた妖(あやかし)が大事なところを隠している構図に加えて、すずの「ちょうど隠れてる、、」には流石に笑ってしまいました。エロいうえに笑かしてくるのは卑怯。

歌川画楽は描いたものを実現化させる”画現術”の使い手。彼が描いた大蛸がすずと祭里を襲う!!って完全に、蛸の触手プレイしたかっただけでしょこのキャラ。祭里を触手が襲う!服の中に隠した巻物を探しているだけで、決して服を脱がそうとしているわけではないので仕方がない!すずの大きな臀部に絡む触手!ありがとうございます、矢吹先生!ふんどしと蛸の触手の組み合わせを見て、日本に生まれて良かったと思いました。

その他にも着装具が壊れて半脱げ祭里、祭里のことが好きな新キャラ、そして祭里とすずの疑似セックスぽいシーンなどセクシーシーン盛りだくさん。矢吹先生の素晴らしいおっぱいとお尻が堪能できる最高の一冊です。

 






2 comments to “漫画感想/あやかしトライアングル 2巻(矢吹健太朗)★”
  1. Pingback: 漫画感想/あやかしトライアングル 3巻(矢吹健太朗)★ | | 棚傘's LOG

  2. Pingback: 漫画感想/あやかしトライアングル 4巻(矢吹健太朗)★ | | 棚傘's LOG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です