漫画感想/間くんは選べない 2巻(板倉梓)

 

 

女子高生と取引先美女の二股コメディ『間くんは選べない』の2巻が発売されました。2巻は、ついに2人と付き合うことになった間くんの甘々な受難の日々?が描かれます。

 ●関連記事

 

ほぼ同時に付き合うことになった2人の女性の間で右往左往する間くん。ふわふわしたかわいい画風に隠されていますが、間くんの行動が相当ゲスい。雰囲気に流されて別れ話を失敗したり、2人のセックスを比較してみたり、など彼の優柔不断な性格が生む行動が(これから起こる)問題の原因になります。でも、男としては身につまされる話というか、どこか間くんを弁護したくなる気持ちが生まれてしまいます。

客観的に考えれば、もう一部の隙もなく彼に非があります。しかし、あえて言わせてもらえば、ヒロインの2人がどちらも最高に可愛すぎる。年下同年代クール天然ショートロングスレンダー巨乳、2人とも違う魅力を持っている2人を相手にどちらかを選ぶなんてできません!!綺麗で優しいあんり相手には恋愛経験が未熟なことをばらし甘えられる関係を楽しみ、年下の鏡花に対してはデートもセックスもリードし大人の優越感を得られます。2人とも付き合うことですべての欲求が補完されるようなイメージになっていて、どちらかを失うことを考えたくないでしょう。自分はWヒロイン制で推しを迷うこと少ないんですが、今作は本当にどっちか選べません。

2人とのラブラブ生活が余すところなく描かれるのが2巻の展開です。ヒヤヒヤしながらも甘々で順風満帆な日々を過ごす間くんはこれからどうなってしまうのか。早い展開であれば1巻程度でこの展開まで来ていたと思います。しかし、甘いエピソードを2巻分も蓄えることで両ヒロインへの愛着も増し、関係の瓦解から受ける衝撃も増します。3巻を読むのが怖いですが、ここで終わることもできません。いままでラブコメを散々読んだ報いとして、受け入れるべき3巻を待ちます。

 

 


無駄予測コーナー

当たることのない、妄想のような予想をするコーナーです。

佐々木さん、絶対味方というか軟着陸させる役だと思うんですがどうですかね。これで佐々木さんまで敵だったら間くん死んでしまう。

いまのところ二股がバレると、2人と別れることになる、に加えて、取引先に二股で手を出したということで仕事に支障がでる、というのが大きい。退職⇒廃人 みたいなエンドもなくはない。そこを軟着陸させることができるのが佐々木さんです。だからこそ敵になりやすいわけでもありますが。

両ヒロインの友人がどう機能するかも楽しみです。

これで間くんがあんまり痛い目みないのは、個人的には納得いかないかなぁ。物語が悲惨に終わるのはあまり好きじゃないので、程度問題でもありますけど。

One Comment
  1. Pingback: マンガを読み続けるBlog 漫画感想/間くんは選べない 3巻(板倉梓) | マンガを読み続けるBlog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です