【漫画感想】源君物語 3巻 (稲葉みのり)

源君物語 3 (ヤングジャンプコミックス)
毎週ヤングジャンプで
続きが気になる少ページ連載している「源君物語」の3巻が発売されました!
一枚一枚が漫画というよりイラストのようにクオリティの高いです。
(動きを表す線や漫符が少ないのもあると思います)
あいかわらず読者をじらす展開が続きますが、
1、2巻に比べると少しテンポがよくなってきたのが
個人的には嬉しいです。
1巻のじらし具合には泣かされたのでw
女性に対するトラウマの根源ともなっている
中将つかさを克服するエピソードといい、
ちょっとジャンプっぽいのがいいです。
主人公の成長展開はいつみてもいいw
中将つかさは個人的にかなりぐっとくるキャラなので
使い捨ててしまうのはもったいない気がします。
しかし、中将つかさの元ネタは源氏物語の頭中将(とうのちゅうじょう)であり、
他のヒロインのように、
源氏物語のヒロインから取っているわけではないので
しょうがないかなと思います。
※頭中将は、光源氏の親友、義兄、政敵、ライバルなどの側面を持った男性です。
4巻では、千里が出てくるので楽しみです!!

3 Comments
  1. Pingback: マンガを読み続けるBlog 漫画感想/源君物語 11巻(稲葉みのり) | マンガを読み続けるBlog

  2. Pingback: マンガを読み続けるBlog 漫画感想/源君物語 9巻(稲葉みのり) | マンガを読み続けるBlog

  3. Pingback: マンガを読み続けるBlog 漫画感想/源君物語 14巻(稲葉みのり) | マンガを読み続けるBlog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です