漫画感想/源君物語 6巻(稲葉みのり)

ヤングジャンプ連載中の源君物語の新刊が発売されました。

 ●関連記事

 

6巻に掲載されているのは
・六条美也(六条御息所)解決編
・小若紫亜(若紫)との出会い
・瀬見伊予(空蝉)との逢瀬

14股候補のうちすでに6人が登場。だがしかしまだ半分以下です。桃園朝日(朝顔の君)との関係性も少し進展し今後も候補の女性キャラは増えるんでしょうね。新キャラがどんどん登場しつつも一人一人をしっかりと描いていますし主人公との関係性の違いなどもありどのキャラもかわいく感じられます。源氏物語という元ネタがあるからこそでしょうがおそらく編集者さんと妥協せずに物語を作り込んでいる成果でしょうね。

女性側の心理描写も多く、視点やプレイ内容などとにかくエロいです。マニアックなプレイもところどころありますが全く下品に見えないのは、この稲葉先生の女性目線の描写のためでしょうか。男性目線のセックスシーンは、挿入がメインに描かれがちですが本作では、前戯やさらにその前の会話のやり取り、雰囲気作りからエロチシズムを表現していてとても新鮮かつエロく読めます。今後もどんなヒロインが登場するのか、そして14股は完成するのか、完成したらどうなるのか、、!?これからの展開を予想するのが楽しい作品です。

 

 

2 comments to “漫画感想/源君物語 6巻(稲葉みのり)”
  1. Pingback: マンガを読み続けるBlog 漫画感想/源君物語 14巻(稲葉みのり) | マンガを読み続けるBlog

  2. Pingback: 棚傘's LOG 漫画感想/源君物語 9巻(稲葉みのり) | 棚傘's LOG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です