【漫画感想】源君物語4巻(稲葉みのり)

  源君物語 4 (ヤングジャンプコミックス)
少し前の発売ですが、源君物語4巻です。
4巻では68~89話が収録されています。
その中でも、源君物語を代表するような話が
88話「実在する」です。
香子によって光海の14股相手の3人目に選ばれた花田千里。
男慣れしておらず、けなげで献身的な
まさに男の理想のようなキャラクターです。
純朴ですれていない
聞きわけがよくて
男のわがままも受け入れてくれる
もちろん処女で
なのに自分とのセックスで、初めてとは思えないほど感じてくれるー

このような女性がいるわけないと普通思いますが
88話で香子は「きみになぜ「いない」とわかる」
と言い放ちます。
漫画というフィクションの中で、
ギャルゲー(エロゲー)のヒロインについて言及するという
メタな構図です。
この上ない、男の理想をかなえてくれる女性である花田千里。
彼女と結ばれることを望んでいる主人公 源光海。
この恋の結末は、、、、。
残念ながらそれが描かれるのは5巻です。
衝撃的なラストですが、
その威力をブーストしているのがこの4巻、ないしは88話です。
花田千里の表情、立ち振る舞いなど魅力がしっかり読者に
伝わっているからこそ、最後の味わいにつながります。
しっかり4巻を読んで、5巻を待ちたいですね^^

2 Comments
  1. Pingback: マンガを読み続けるBlog 漫画感想/源君物語 10巻(稲葉みのり) | マンガを読み続けるBlog

  2. Pingback: マンガを読み続けるBlog 漫画感想/源君物語 14巻(稲葉みのり) | マンガを読み続けるBlog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です