漫画感想/ぼくの輪廻 5巻(嶋木あこ)

奇想天外煩悩ラブストーリーだと思います多分

 

 ●関連記事

 

 

ついにフナムシ先生との対談が実現!?交差する運命もついに決着か!?と思いきや、物語は変な方向に。全然予想のつかない、奇想天外煩悩満載ストーリーです。これが少女漫画の前々々世?

今一番よくわかんないけどおもしろい漫画です。

女性の乳に対する情熱を失った時の「長年愛した恋人を亡くしたかのような」という表現。恋愛漫画で最高に盛り上がる別れのシーンのような最高の流れとバッキバキに気合の入った大ゴマを使った演出。嶋木先生のいままで培った漫画力のすべてが、このおバカなシーンにつまっています。本当にバカ。

それでも読み進めてしまう魅力があるのが本作の不思議なところです。登場人物3人の微妙な関係性や、過去と現在のミックス感、シリアスかつ全力にバカをやってる感じが、読者に伝わるのでしょう。なんで面白いのかうまく説明できないんですが、きっと面白いし、早く次巻が読みたくなります。

 

 

チラシ裏のコーナー
ほんとうになんだかわかんないんだけど面白いです。ただ、誰に薦めていいのか迷う。
One Comment
  1. Pingback: マンガを読み続けるBlog 漫画感想/ぼくの輪廻 6巻(嶋木あこ) | マンガを読み続けるBlog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です