漫画感想/新テニスの王子様 23巻(許斐剛)

 

初戦の相手アラメノマ代表が奇抜すぎる!2回戦のフランス代表も相当にやばい。スポーツ漫画でありギャグ漫画であるテニプリですが、さすがに今回はギャグ寄り?許斐先生はどこまでマジで描いてるのかわからないですが、シラフでこれ考えてるなら、相当すごいです。一方、主人公の帰還やフランス代表の敵としてのキャラ立ちなど少年バトル漫画?の要素もとても外連味があってイカしています。

個人的に好きなエピソードは、232話「魁!高校生代表」。監督の謎の経歴、しつこいくらいの天丼ネタに大いに笑わせてもらいました。焼肉やナンパ、ボーリングなどテニプリでこういう単話エピソードはあたりが多いんですよね。いつもと違うことをやるから急に面白くなる。許斐先生の読み切り構成能力の高さが垣間見えるエピソードです。もちろん、高校生代表の友情も見どころです。

毎年恒例バレンタインのチョコ数レースの結果発表も載っています。驚きの結果に、長年ファンはびっくりですね。

 

 

One Comment
  1. Pingback: マンガを読み続けるBlog 漫画感想/新テニスの王子様 24巻(許斐剛) | マンガを読み続けるBlog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です