漫画感想/Change! 4巻(曽田正人・冨山玖呂)

これ”ラップ”なり

曽田先生が熱きラッパーたちを描く『Change!』4巻が発売しました。13話から17話が収録されています。高ラ予選の始まりまで、熱い展開の連続です。

 ●関連記事

 

4巻はいままで以上に熱い!栞が国文学教授の父を説得するシーンは、込み上げてくるものがありました。自分の娘がRAPしているところ見る表情がとっても良い。頭の良い父で、すぐRAPを理解するのですが「本歌取り!!」とか理解が早すぎる。

ミキの家族をうらやましく思う描写から、自分の家族を褒められる流れ。自分の周りにあるものを気付ける感受性は栞の良さですね。父親がちゃぶ台ひっくり返したことで、先生方がショックを受けたであろうことを想像できたり、と育ちの良さがうかがえます。

序盤にミキの兄が出てきて、読者の代弁者のような視点になるのかなと思ったところ、さらに栞の父も出てきて、栞&ミキのファンが増える感じ、たまらないです。高校生RAP選手権予選では、学年主任の先生たちも見学に来るようで、栞たちがどんどん周りをRAPに巻き込んで行く展開が楽しみです。

栞&ミキ相手で、がっつりアンダーグラウンドなHIPHOPラップは少なかったですが、K-fish相手として出てきた新しいスタイル。ついに始まる高校生RAP選手権と、今後がどうなるか本当に楽しみな作品です。新刊出る度に思いますが、とりあえずこの4巻まで読んでほしい!

 

 

チラシ裏のコーナー
はやくCV早見沙織でアニメ化してくれー。RAP難しそうだけど、是非アニメで見たい作品。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です