漫画感想/僕の心のヤバイやつ 4巻(桜井のりお)★





Twitterで話題沸騰『僕の心のヤバイやつ』4巻が発売されました。激ヤバイラストカードセットが付属した特装版も同時発売。Karte.45「僕は待ち合わせした」からKarte.57「僕は僕を知ってほしい」とおまけ「僕の今昔物語」が収録されています。

 ●関連記事

 

伝説のクリスマスイブ回から年末年始、初詣まで、2人が心を通わせていく珠玉のエピソードが紡がれます。漫画の続きを借りる待ち合わせが、クリスマスイブ14時渋谷。明らかにおかしい。早めに待ち合わせ場所のハチ公前に着くと、ひときわ目立つ美少女が一人。彼女も早く来ていた。パンケーキが有名なカフェに連行され、ショッピングやイルミネーションを回る。気が付けば2人は、手をつないでいた・・・。

毎巻クライマックスだな!と思う盛り上がりですが、今回は本当に重要な話ばかり。2人が心を通わせてゆく話を、こんな丁寧かつ大胆に描き連ねていくことができるなんて。長くラブコメを読んできましたが、こんな基本的で、効果的な作劇方法があるなんて、と毎回驚かされています。エピソードの丁寧さ、人物の表情や台詞の細やかさ、どれひとつをとっても職人の仕事です。『ロロッロ』描いてる作者だとは思えねぇよ・・・。

思春期特有の気恥ずかしさを抱えた市川ですが、それでも言うときは言う。一日好き勝手連れまわして反省している山田に対して「楽しかったから」大丈夫だ、と言える男市川。自然な流れから手を握り返せる男市川。手をつないで歩き、目が合って、恥ずかしくて視線を外す市川。なんだかんだ言ってラブコメ主人公してる市川。かっこいいし可愛い、等身大の少年の魅力があります。そして、ここまで関係が進んでもKarte.49のイマジナリー京太郎みたいなバランスの取り方できるのが、桜井のりお先生の凄いところ。また、山田も言うまでもなく可愛いです。気合いの入れたイブデートの装いもいいし、公園待ち合わせ時の犬の散歩スタイルも好き。テレビ電話の時もそうですが、露出高いのがいやらしく感じないのは本当彼女の魅力です。(それでも市川には十分脅威)

 

チラシ裏のコーナー
我ながら、こういう漫画をまだ読めるんだなと自分に感心する気持ちがあります。正直なところ、この年齢になると面白く感じられなくなる作品もあり、ティーンの恋愛漫画は、その部類に入りやすいんです。漫画好きとして悲しい一方、仕方がないかなとも。ここらへんは難しいですが、付き合っていかないといけない現実ですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です