映画感想/劇場版マクロスF 虚空歌姫 -イツワリノウタヒメ- MX4D

 

『劇場版マクロスF 虚空歌姫 -イツワリノウタヒメ-』のMX4Dを見てきました。TOHOシネマズ川崎は初日から結構混んでました。あと、女性客も多かったのが意外。そういえばFは女性人気もありましたね。

 ●関連記事

 

激ワルMX4Dから間を空けず公開なのはいいですね。まだ身体がドッグファイトの振動を覚えているうちに、新しい刺激を注ぎ込むつもりですね!?

TVシリーズ2クールを2本の映画に、その前半ということで、激ワルよりのスピード感とは違いますね。結構しっかりメインキャラクターの話を進めていきます。F初見の方でも理解しやすい構成です。『イツワリノウタヒメ』公開は8年前なのであんまり覚えていないのですが、それでも楽しく展開を追えました。シェリルのライブはどれも素晴らしく、8年前の映像でも現在と見劣りしませんね、、。シェリル、ほんまプロだわ。

メインの戦闘シーンは後半に詰まっているため、激ワルのドッグファイトのような激しい動きはラストにお預けです。それでも、空を飛ぶアルトや転倒する際のショックなど細かいところでMX4Dの表現力に驚かされます。戦闘が多く忙しい激ワルよりメリハリをつけたMX4D構成ですね。椅子の加速度に驚かされるというより、MX4Dも含めた表現という言葉が当てはまります。シェリルが近づいてくるときにとてもいい香りがするの、、本当にドキドキしました。

もちろん『サヨナラノツバサ』のMX4Dも早く見たい!当然ながらそんな思いを強くさせる素晴らしいMX4D化でした。他のマクロス作品もどんどんMX4Dで見たいですね。

 

 

チラシ裏のコーナー
河森監督メカデザインのロボットゲーム出るなと思ったら、ほぼアーマードコアですね。
DAEMON X MACHINA
バルキリーよりアクエリオンに近い顔してるけど、ミサイル関係も河森してるし、見た目がグッド。マストバイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です