映画感想/劇場版マクロスF 恋離飛翼 -サヨナラノツバサ- MX4D

 

 

マクロスF完結編MX4D版、『劇場版マクロスF 恋離飛翼 -サヨナラノツバサ-』MX4D版を見てきました。

 

 ●関連記事

 

今回は、完結編ということもあり、いままでよりガッツリMX4D演出を楽しむという感じではないです。キャラクターの心情に合わせて微妙な演出を楽しんだり、そもそもの物語の流れを楽しんでいるとMX4D部分はあまり意識しなくても楽しめます。サヨナラノツバサそのもののすばらしさを味わうだけでお腹一杯な感じですね。

サヨナラノツバサの良さはランカちゃんに詰まっています。シェリルが悲劇のヒロインとして追い込まれれば追い込まれるほど、それを健気に助けるランカちゃんが光ります。シェリルとアルトが二人でいるところにタイミング悪く駆けつけるランカちゃん、スパイ容疑で捕らわれたシェリルに面会しに行くランカちゃん、目を覚まさないシェリルに輸血し続けるランカちゃん、シェリルを助けに行くアルトに告白するも返事を聞かないランカちゃん、もう行動の一つ一つが健気すぎる、完全に聖母!ランカちゃんの存在がエモすぎるのがシナリオのすべてを包み込んでいて、大味な部分すら愛おしく感じられます。

ダブルヒロイン制と思いきやしっかり答えを出したラブコメ。サヨナラノツバサの評価はそこにあると思います。ラブコメ好きなら、マクロス知らずとも是非体験してほしい作品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です