漫画感想/道産子ギャルはなまらめんこい 3巻(伊科田海)☆





 

『道産子ギャルはなまらめんこい』3巻が発売されました。17話から26話まで収録。表紙は大胆なビキニ姿だと思ったら、巻頭チャイナも超セクシーでした。美波の気持ちの変化に合わせて露出増やしてきたなって感じ。

 

第3のギャル 夏川怜奈 登場!

今回の試験は全力で勉強しなければいけない理由があり、美波の誘いも泣く泣く断り、夏川怜奈に勉強を教わる翼。自分の心境の変化に気が付く美波は、二人のデートを知り、思わず秋野を召喚する、、、。

翼が他の女の子と仲良くしているのを見て、思うところあり。”誰に対しても真っ直ぐにがんばれる”翼に、純粋なリスペクトもありつつ、それだけではない気持ちを抱いていることを少しずつ自覚していく感じがたまらないですね。3巻最初では美波がそんな状態なので、ラブコメ作品というよりは、ギャルや北海道あるあるを楽しみつつ気楽に読めるコメディという感じ。これから気持ちが大きくなっていき、秋野との友情と板挟みになったりするのがラブコメ読みとしては楽しみです。夏川先輩も「なるほど、そういう事ですか」なんて俯瞰しちゃっていますが、こういう人がラブコメ参戦してくると怖いんですよ笑

21話は自然な流れで唐突な焼き肉回。ジンギスカンは家で食うもので、外の焼き肉は普通の焼き肉なのか。北海道は美味しいグルメ満載ですし、こういうエピソードもっと読みたい!!と思ってたら連続でわかさぎの天ぷら食べてた。うまそう。

水着でお風呂は一瞬で終わってて笑った。普通のエロコメなら次回に続いて2話3話あるエピソードだけど、たしかに翼の精神力だとこれくらいしか持たなさそう。「はっちゃきこき過ぎた」と反省している美波も含めて変にリアルで笑いました。続いて風邪をひいた翼にお見舞いに来る美波。冒頭の流れで来るのは秋野さんかと思っていたら、ギャルの積極性が功を奏したのか美波登場。

そして2年になりクラス替え。美波が”一段とグイグイ来る”ことに気付いている翼や、誰にも聞こえないようにこっそり「良かったぁ」とつぶやく美波など2人の関係性の変化がうまく表現されていてドキドキします。恋するヒロインはかわいい(一般論)ので、美波にはどんどん翼のことを好きになってほしい。もちろん、秋野さん、夏川先輩も。一気にラブコメ度が上がってきた3巻。今後も、道産子ギャルたちから目が離せません。


チラシ裏のコーナー
22話扉絵のフィッシング美波さんなんか好き。この構図かっこいいよね。下からカットインしてるさんまと鮭?も雑な意味不明さがあっていい。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です