男性と女性の恋愛に対するモチベーション格差の理由





■眠れる森の草食系男子をおこすには
【http://sakusakumirai.blog.fc2.com/blog-entry-912.html】
 彼らが恋愛に食らいつかないにはワケがある。
 また時代背景に沿って彼らが草食化したともいえる
 ● 一人でも困らない。不自由を感じない
 ● 恋愛以外で他でも充分楽しめる。代用できる
 ● 仕事や今の収入に対して自信がなく誘えない
 ● 傷つくのが怖い
 ● 平和主義。揉めごとはごめん
 ● 趣味や好きな事に没頭したい
 ● 「責任とってよ」とか「男でしょ?」とか言われたくない。あくまで男女平等!
 ● リードするのは男の役目という固定観念
 ● 交際したからといって結婚にまで持ち込まれたくない
 ● 女性と向き合うのが面倒くさい
 ● 仲間と過ごすのが好き
 ● 人とのやり取りはネットで充分
 などなど……。彼らは今の生活で満足していたり、飢えてもいないのでがっつくことはない。
 
ー ー ー  ー こ こ ま で 引 用 ー ー ー ー
これ読んで、答え出てるじゃんと思ってしまった。
変わったんだよ男は。バブルとそのあとの名残で
続いている大量消費型の恋愛をしたくなくなったし
しなくてよくなった。
現在、結婚するには恋愛する必要がある。
結婚相談所だって、何回か逢ってデートして
疑似でも恋愛ってことにして結婚するような感じになっている。
昔のお見合い結婚みたいに、会う前から結婚が決まってるような制度はもうない。
ので、結婚するには
 出会う → 恋愛 → 結婚
という流れなので、結婚したかったら恋愛しなければならないのだが
逆に言えば、結婚する気なければ恋愛しなくてもいい。
ここまで言っておいてなんだけど一応弁解しておきます。
自分は恋愛や結婚そのものはすばらしいものだと思っています。
(文脈からしてめんどくさくてできればしなくて済ませたいみたいに見えますがw)
ただし上記の理由から「結婚するために恋愛する層」が少なくとも無視できない割合居て
いや、居た、のですがそれが減ってきているんだろうな、という話です。
閑話休題。
でも、それって男性だけじゃなくて女性も同じ話じゃないの?
それは半分合ってますが、半分間違ってます。
男性は時代とともに変わったのですが
女性には変われないことがあるのです。
出産です。
赤ちゃんを産むのは女性しかできません。
こればっかりは、お見合いがあった時代もバブル時代も
通りこしてずっと変わらない、変われないことです。
そして、赤ちゃんを授かって出産するのは
ある程度若い方が母体のためにも赤ちゃんのためにも良いとされています
(それが何歳がいいとかは今話題にしている数十年間では
 時代によって見解が異なるので言及しません。)
さらに言うと、出産は結婚してからするもの
もしくは妊娠したら結婚するもの、という考えも
現代まであまり変わらずに続いています。
(それ以外の選択肢もあることはもちろんありますが)
つまり、さっきの 
 出会う → 恋愛 → 結婚
は「出産」を追加すると
 出会う → 恋愛 → 結婚 → 出産
になります。
出産をするためには結婚せねばならず
結婚するためには恋愛せねばならない。
しかも出産にはある程度の年齢制限があるため
逆算から結婚、恋愛しておきたい時期が早まる。
そのため、女性側の恋愛における
モチベーションは過去から比べて下がらない。
一方男性は時代の流れなどの原因によりモチベーションも下がる。
それと比べて格差が出て、不満が出てる。
「恋愛したい、結婚したいのに相手がいない。」
結構当たり前というか、
だれでも頭の中には思い当たることだと思うのですが
あえて文章にまとめているものが見当たらなかったので記してみました。
「インターネットやSNSでコミュニケーション能力が下がった」
とかの理由もあると思います。それは否定しません。
女性はコミュニケーションに重きを置きますが
男性はそうではないので能力低下の影響をもろに受けてる気がします。
男性が弱くなったのもあるでしょうが
そればっかり言ってもしょうがないでしょう、
なんでそうなったか理屈立てて考えれば何か見えるかもしれないよね?
というのが本稿の趣旨でもあります。
また、マスコミが作ったのか誰が作ったのかは知りませんが
「草食系男子」が広まったことにより
実際、男にも「あーそういう言葉あるんだ。俺それだわw
という免罪符にもなっている部分もあるので
女性側だけじゃなく男性も恩恵うけていると思います。
あと結婚の責任が本人にのしかかってくる世の中になったというのも。
昔みたいに家柄とか職業とかもっと明確な基準があって
しかも親戚などがつれてくる相手ってのは
家族的に家柄とかお互いの家的に釣り合いが取れる、問題ない、
と親戚一同の判断によるものなので、
お見合い市場による結婚ってのは
結婚するの一点に限っては楽だったと思われます。
細かい理由はいくらでも出てきます。
別に「我ら草食系男子はこれこれこういう理由で一致団結し、恋愛しないのであります!!」
と宣言しているわけではないので、個人個人各々の理由の大小があり
巡り合わせもあり、単純に仕事が忙しくて疲れてるのもあり
今の状態にあるんだろうと思います。
マスコミ的に、社会学的に
カテゴライズしてみんな全部同じ生き物にされるのが
いやだったので、本稿とは逆なことを言って締めくくらせていただきますww





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です