漫画感想/魔都精兵のスレイブ 3巻(タカヒロ・竹村洋平)★

ジャンプ+掲載中『魔都精兵のスレイブ』の3巻が発売されました。15話「八千穂と日万凛」から23話「スレイブのスカウト」までが収録されています。表紙は凛々しいバトルモード日万凛。

 ●関連記事

 

今回のご褒美は、ディープキスと温泉で身体洗い。戦闘が苛酷になるにつれてご褒美もパワーアップしていきます。ジャンプ+はどこまで許されるのか。日万凛のねっとりとしたキスはかなりエロい。また、ご褒美ではありませんが、六番隊隊長出雲天花のセクシーな勧誘も気になります。朱々もご褒美に気づいてしまいました。みんな優希に対する視線が変わってきましたね。戦力としても異性としても、気になる存在になってきたというところでしょうか。だんだんと信頼を積みかさねていく感じは『サクラ大戦』などギャルゲーっぽくて懐かしいですね。

戦闘⇒ご褒美の流れは鉄板になってきましたが、疲労の他に代償みたいなものはないですよね?同じタカヒロ原作である『結城友奈は勇者である』は力を使うごとにすさまじい代償があったので、どうしてもそういう展開が頭をかすめてしまいますね。明るくエッチで楽しい少年漫画の範疇で済むのは、もっとダークな設定が隠れているのか、、、これからもいろんな意味で目を離せない作品です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です