漫画感想/魔都精兵のスレイブ 2巻(タカヒロ・竹村洋平)

 

タカヒロ×竹村洋平『魔都精兵のスレイブ』2巻が発売されました。第6話「スレイブの姉」全編から第14話「姉妹対決」までが収録されています。表紙はガッツリ見せつけてくる駿河朱々。

 ●関連記事

 

 

優希の姉?らしい人物の登場から始まる2巻。その圧倒的な戦闘力に七番隊はなすすべもなく敗れます。

8話でなでなでしてくれる寧ちゃんかわいい。非戦闘員で非お色気要因ですが、今後目立って活躍するところが見たいです!朱々もからかいキャラではあるものの、優希に対して複雑な想いがある模様。

 

お風呂や着替えなど健康的なお色気シーンが多いのですが、“ご褒美”だけはちょっと過激!結構フェチっぽいものが多く、優希の潜在的な願望なら結構ムッツリです。

戦闘シーンでは、六番隊との交流戦が始まります。東八千穂の”東の辰刻(ゴールデンアワー)”という時間を操作する能力にまつわる攻防が注目ポイントです。日万凛と優希のコンビがその強大な能力をどう打ち崩すのか。お色気だけでなく、バトルも熱い!

 

 

One comment to “漫画感想/魔都精兵のスレイブ 2巻(タカヒロ・竹村洋平)”
  1. Pingback: 漫画感想/魔都精兵のスレイブ 3巻(タカヒロ・竹村洋平) | | 棚傘's LOG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です