漫画感想/ゆらぎ荘の幽奈さん 9巻(ミウラタダヒロ)

アニメ化にむけて肌色多め乳首マシマシの9巻

 

アニメ化も決定!週刊少年ジャンプで大好評連載中の『ゆらぎ荘の幽奈さん』9巻が発売されました。

 ●関連記事

 

9巻はいつもにも増して肌色エピソード多めです。かるらのバイト大作戦、身体測定、ノーパン、ドラクエパロなどエロコメらしい、深く考えずに楽しめるコメディ回が多いです。気が付けばみんなはだけていて乳首丸出しになっている展開の連続。そこに至るまでの展開はエロコメらしい無理矢理でも気にしなくていいんです。男子諸君は気にせず、ただただヒロインたちのかわいらしい姿を拝めばいいんです。ハーレム漫画のあるべき理想形がここに完成しています。

73話「ホワイトデー幻想曲」は、コガラシの料理にヒロインたちがリアクションするという『食戟のソーマ』リスペクト回になっています。同じジャンプ連載作品として、こっちもこんなのできるぞ!という意気込みが感じられて好きですね。

個人的オススメエピソードは71話「ラブラブバイト大作戦」です。この話はかるら様がとっても可愛い!コガラシと仲良くなるためにわざわざバイト始めるあたりはいじらしいですねぇ。積極的だけど、自分の行動を意識してしまって恥ずかしがったりするあたりは本当に可愛い。

そんな中、新ヒロイン轟紫音も登場します。ヤンキー中学から進学してきたリーゼント女子が高校デビューしてみればかわいい女の子。お約束ですが、こういう作品にとってお約束は大事です。物語上のストレスを感じさせないで(漫画のお約束として)自然にヒロイン増えるのはうれしいです。無理ない程度にどんどん増えてほしい。

72話はコガラシの過去に触れる話でした。本作は、物語全体の展開ではなく、ひとつひとつのエピソードを楽しむタイプの作品だと思います。こういうエピソードが挟まると、キャラクターの距離間がグッと縮まるような気がして、キャラクターが持つ物語に厚みを感じられますね。

 

チラシ裏のコーナー
主人公パンツ化は他作品でも既出だと思うけど、まさかジャンプで見る日が来るとは。直に触れちゃってるからアウト気味な気がするけど、細かいことは気にしないエロコメでよかった。こういう話をできる雰囲気作り大事だなぁ。

 

One Comment
  1. Pingback: マンガを読み続けるBlog 漫画感想/ゆらぎ荘の幽奈さん 10巻(ミウラタダヒロ) | マンガを読み続けるBlog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です