漫画感想/ゆらぎ荘の幽奈さん 23巻(ミウラタダヒロ)★





 

『ゆらぎ荘の幽奈さん』23巻です。197話「流禅さん現る!?」から205話「幽奈さん、思い出す」まで収録。表紙の黒髪少女は一体、、?

 ●関連記事

 

各ヒロインとコガラシの未来が、1話ずつ丁寧に描かれています。それが予知夢であっても、幸せな姿を見たいのがファン心理。推しのヒロインが好きな人と結ばれる展開はうれしいものです。ヒロイン予知夢数珠繋ぎでも、合間に戦闘シーンを入れたり、メインの流れで動きをつけているのは流石。クライマックスに向けて右肩上がりに盛り上がる展開が続きます。

女性陣のサービスシーンは今まで通りにあるのですが、男性陣も同じようにあるのに笑ってしまいました。男性陣の作画も全く手を抜かれていません。大股開きで腹筋や太ももなど余すところなく堪能できます。こゆずとミリアはそのためだけに変身させられましたし、玄士郎と酌人も出オチに使われていて、かわいそうなあまり笑ってしまいました。少し前まではラスボスみたいな雰囲気だったのに、仲間になったらヤムチャ以下の扱いで可哀そう。カルラの未来でのコガラシの有様など、絵で笑いを取りに来てるの本当にずるいですね。この画力だからこそできる手法。

女性陣サービスシーンは戦闘シーンが多め。躍動的に弾むおっぱいを拝めます。呑子さんマトラ多めで巨乳好きもニンマリ。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です