漫画感想/チェンソーマン 1巻(藤本タツキ)

鬼才が紡ぐ血にまみれた物語

 

ジャンプ+で『ファイアパンチ』を連載していた藤本タツキ先生の新連載『チェンソーマン』の単行本1巻が発売されました。

ファイアパンチよりはライトな雰囲気の作風です。それでいて、血しぶき飛び散り肉はぜるのですが、それが珍しくないような世界観になっています。悪魔とデビルハンターが生きる不思議な世界。読み切りでもそういう作品がいくつかあったと記憶していますが、世界観から現代やよくあるファンタジー、SFなどとは違うものを生み出すのが得意なのでしょう。そこに非常に惹きつけられます。

主人公デンジの性格もわかりやすく、生と欲望にまっすぐで好感が持てます。復讐に生きる男を描いた『ファイアパンチ』とどこか似ていながら、違う。不思議な感じがします。マキマやパワーちゃんなどかわいいけどよくわからないキャラも面白く、今後の活躍が楽しみです。

 

One Comment
  1. Pingback: 棚傘's LOG 漫画感想/チェンソーマン 2巻(藤本タツキ) | 棚傘's LOG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です