ラノベ感想/俺を好きなのはお前だけかよ 6巻(駱駝・ブリキ)

 

 ようこそ ここがラブコメの最前線だ。

 

ジャンプ+でコミカライズも好評掲載中のラノベ、電撃文庫『俺を好きなのはお前だけかよ』6巻が発売されました。

 ●関連記事

 

今回は、夏休み編です。5巻で約束した、図書委員の手伝い、部屋の整理、新聞部の手伝い、生徒会の手伝い、バイト、流しそうめん、海水浴、花火大会と大忙しの夏休みを短編集形式でお送りします。1~5巻までは大きな問題があって解決する方式だったので、これは意外。一つ一つのエピソードのヒロインが素敵で、最後の花火大会では夏休みをまとめる大きな展開もあり、5巻までの読者なら必ず楽しめる珠玉の短編集となっています。

ヒロイン全員主人公が好きで、主人公もヒロインのことを好き、と公認の状態で、それでも自分のアピールを欠かさないヒロインたち。周りの友人のことと主人公のこと、諦め切れない気持ちなど、複雑な状況ながらも暗くない。明るくライトな展開で進みます。ラブコメのエッセンスも十二分にあります。最近、少しフェードアウト気味だったあすなろも参戦したりと、ラブコメとしてのボリューム感は気持ちいいくらいにインフレしています。ヒロインも全員かわいいので困ります。あと男キャラもかわいい。個人的には5巻を終えて無敵キャラに昇格したサンちゃん、今回メインヒロインの特正北風、この二人に目が離せません。男女キャラとも全員魅力的で、みんなの行動を見ているだけで楽しいラノベは珍しいです。

5巻までと少しテイストは変わりましたが、細かい気持ちの読みあい、挿絵いじり、『油断するとすぐに新しい男キャラをだす』など、駱駝節は健在です。1学期編を下敷きにした丁寧なエピソードの積み重ねが、これからの展開の期待を加速させます。ガーベラや生徒会の山田さんなど、まだまだベンチを温めているヒロインも多く長期シリーズで考えられているのがうれしいです。そしてこの衝撃のラスト。5巻までの決断を過去にするような次回予告に、脳内に浮かぶ????が止まりません。昔の週刊ジャンプじゃないんだから、ちゃんとこのヒロインで意味があり、続きの展開が決まっているんだと思いますが、、、凡人の一読者には、どう繋がって話が展開していくのかわかりません。もしかして、またあの魔のベンチが登場するのか、、、。衝撃の2学期編に続くであろう7巻の発売が早くも待ちきれなく一冊です。

 

 

 


◆チラシ裏のコーナー◆

6巻は休憩、みたいなペース配分しておいてあの次回予告がまさにフォークでしょ。

誰が打てるんだよw

 

2 Comments
  1. Pingback: マンガを読み続けるBlog ラノベ『俺を好きなのはお前だけかよ』 1学期編をもっと読んでほしい | マンガを読み続けるBlog

  2. Pingback: マンガを読み続けるBlog ラノベ感想/俺を好きなのはお前だけかよ 7巻(駱駝) | マンガを読み続けるBlog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です