ラノベ感想/俺を好きなのはお前だけかよ 9巻(駱駝・ブリキ)

ヒロイン総登場でおくる
大ボリュームの新章開幕

“すべてのラブコメを過去にする”大人気ラブコメ『俺を好きなのはお前だけかよ』9巻が発売されました。

 ●関連記事

 

8巻はジョーロではなくサンちゃんが主役の番外編でしたが、9巻はしっかりジョーロがメインのお話です。ひまわり、コスモス、あすなろ、サザンカ、そしてパンジー、いままでのヒロイン総登場でジョーロがいつもどおりひどい目にあいます。あとがきで「登場人物が増えすぎて、しんどい!」と書かれているように、ヒロインが増えすぎて展開管理が大変でしょうね。残念ながら各ヒロインの登場はそんなに多くありません。それでもピンポイントでの活躍ですが、コスモスやひまわりはやっぱキャラ立ってて魅力的ですね。登場シーンが多いのはパンジーとサザンカ。2人のファンは喜んでいいんじゃないでしょうか。表紙の体操服パンジーもかわいい。

今まで同様、いろんなシーンや会話、行動が伏線となって結末に迎えられます。最後まで気の抜けない描写が多く、ちゃぶ台を返される度に、駱駝先生の手のひらで踊らされている感じが楽しいんです。文体は軽いのに練りに練られた展開に唸らされたい!思考をいいようにコントロールされている感じが気持ちいいです。

8巻である意味ヒロインだった野球部も再登場、あのヒロインも少し姿を見せます。8巻のラストと直接つながるシーンは、大きな展開の中ではありませんでしたが、今後伏線として使われそうで非常に楽しみです。1学期編みたいに、数巻前の伏線が活用されて、単行本を本棚から引っ張り出すのを楽しみにしていたりもします。伏線とどんでん返しが本作の一番の魅力です。山田さんやガーベラなどまだまだヒロイン増えそうな気もしますし。駱駝先生は大変だと思いますが、登場人物が、ヒロインが増えれば増えるほど複雑で面白い展開が作れそうな気がします。これからがますます楽しみな作品です。

 

 

 

チラシ裏のコーナー
9巻まで溜まったんだしアニメまだかなぁ。1学期編でワンクールいけないし、区切りが難しいかな。メディアミックス向けの作品だと思うので、まずドラマCDからでも是非!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です