漫画感想/終末のハーレム ファンタジア 8巻(SAVAN・LINK)★





『終末のハーレム ファンタジア』8巻です。第31話「呪いの果て」から第34話「窮地」まで収録されています。表紙と巻頭カラーは魅惑の未亡人ボーアです。

 ●関連記事

 

エンシュウ、ガールス、ナーガラ、イスティシア。いつ火がついてもおかしくない状況、緊張感の中、ついに戦が始まります。エンシュウのボーアをマハトの力で虜にし、ガールスとも交渉し、大国イスティシアと戦火を交えるつもりが、、、。

戦況が一気に進む8巻です。アルクの外交戦略が冴えます。悲しみを乗り越えて、帝国に怒りをぶつけるために粛々と策を練り、実行してゆく姿は恐ろしくも、かっこよくもあります。しかし、その戦況は悪く追い込まれてゆく中、セリーヌは決断を迫られます。

セクシーシーンは、ボーアとミーネの2人分がっつりあります。マハトの力を授けるという名目があるから仕方ありませんね。身体を重ねるのに慣れたヒロインのセクシーシーンは見ごたえがあります。

 

 

ラグナドール

ラグナドール
開発元:Grams, Inc
無料
posted withアプリーチ




2 comments to “漫画感想/終末のハーレム ファンタジア 8巻(SAVAN・LINK)★”
  1. Pingback: 漫画感想/終末のハーレム 13巻(宵野コタロー・LINK)★ | 棚傘's LOG

  2. Pingback: 漫画感想/終末のハーレム 14巻(宵野コタロー・LINK)★ | 棚傘's LOG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です