漫画感想/終末のハーレム 14巻(宵野コタロー・LINK)





 

新シリーズに突入して2冊目!『終末のハーレム』14巻が発売されました。第07話「初デート」から第14話「狙われる者」まで収録。表紙の牡丹さんのおっぱいすごい。巻頭カラーでは新ヒロインズの乳首つき。

 ●関連記事

 

 

 

07話「初デート」では牡丹さんとの初デートでは、いつもより積極的な牡丹さんが見られます。アプリ版ジャンプ+では未配信だったセクシーシーンが単行本では、ばっちり拝めますので、毎週配信見てた人も要チェックです。いつもとは違う、身体のラインが分かるワンピースを着て、着衣しててもエッチなのに、脱いだらさらに、、、。新シリーズ始まってから、初メイティングということで、牡丹さんの扱いが今後どうなるか気になりますね。

溝下さん、悪だくみキャラと思いきや、NTR好き変態お姉ちゃんキャラとしてコメディリリーフっぽいですね。海ではスク水着ていたり、要所要所で笑わせてくるのが好きです。その上に神谷が居るので、下っ端感があります。この作品は誰が味方か、一見わかりにくいので、最終的にはどうなるかわからないとは言え、こういう役回りが近くに居るのは安心できます。

水原やその他の旧作ヒロインズの活躍が始まります。陸たちは操られる側なので、世界の命運を握るのは今回も水原&土井になりそうですね。木根淵が正気に返る展開とはありえるのかな?







2 comments to “漫画感想/終末のハーレム 14巻(宵野コタロー・LINK)”
  1. Pingback: 漫画感想/終末のハーレム ファンタジア 9巻(SAVAN・LINK)★ | 棚傘's LOG

  2. Pingback: 漫画感想/終末のハーレム 15巻(宵野コタロー・LINK) | 棚傘's LOG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です